Search

shaker

健常者も障害者も分け隔てなく誰もがファッションを楽しめる靴を目指して

CLASSIC FULL ORDER

200以上の工程を経て完成する伝統的なクラシックシューズ。

CLASSIC FULL ORDERでは長い年月を経て育まれてきた50年以上前の靴製作方法を再現してオーダーシューズを製作いたします。

現代の靴製作で欠かせないものの1つに化学的な接着剤があります。

強力な接着剤の登場により、それまでは釘などで仮止めをして苦労をして1針1針手縫いをしていたハンドソーンの底付けの工程も、接着剤で仮止めをして手縫いしていくようになりました。

革新的な接着剤の登場は製靴業界において、作業の効率化、コストの削減をもたらし、より広範な方々に靴を履いていただけるようになりました。

その一方で接着剤の多用、また革素材の変遷などにより革本来の吸排湿性などの持ち味が大きく制限されるようになりました。

また一般的に用いられている鉄製のシャンクは強度は申し分ないのですが、革との相性が悪く水気があると革が腐敗していきます。

研究用の為に収集した数十年以上前のアンティークの靴型群から得られた知見(現代の靴型と古い靴型とでは設計上の考え方に相違がみられます。)を基に靴型の製作も行います。

CLASSIC FULL ORDERでは革の持ち味を最大に生かすべく50年以上前に行われていた製法、昔の職人たちの優れた靴型の製作方法を出来る限り再現をし、そして接着剤を可能な限り使わずに靴を製作いたします。

 

製法はハンドソーン・ウェルト製法シングルウェルトのみとなります。

通常は底づけ工程の出し縫いの時に底材とウェルトを接着剤で固定をして出し縫いをしますが、CLASSIC FULL ORDERでは接着材では固定せずに1針1針手縫いで靴を縫い上げます。

シャンクは木製あるいは竹製、靴に打ち込む釘も通常は鉄釘を用いますが、木製の釘を使用いたします。

製作に使用する靴型は木製の木型を用い、出来る限り靴型のみで履き心地を追求しますのでインソールの製作は行いません。(希望があれば可能です。)

仮合わせの回数に制限はございません。ご納得いただけるまで何度でも行います。

靴が完成後にしっかりと木型に沿わせる為に1か月ほど木型に寝かせます。

採寸から仮合わせまでは1〜2か月で程度、仮合わせから納品までは2〜3か月程度のお時間を頂きます。

製作状況により納品時期が遅れる場合がありますのでご了承ください。

アトリエへのご来訪は1人1人のお客様とのお時間を大切にしたいとの気持ちから予約をした上でご来訪をお願いしています。

日曜日・祝日・第2・第4月曜日をアトリエへのご来訪日として設定しておりますので、お客様のご都合がよい日にちをCONTACTからご連絡下さい。

 

メンズ・レディースともに¥255,000〜

2足目以降の製作では1足目と同じ靴型で製作する場合に限り、靴型代金とし頂戴している¥55,000を代金の総額からお引きいたします。

下記はオプション料金となります。

ショートブーツ +¥15,000

ロングブーツ +¥30,000

カラーリング +¥10,000

上記以外のご要望(底の材料の指定など)にもお応えできることはお応えしますので、その他の料金につきましてはお問い合わせください。

お支払については現金あるいはカード(VISA/MASTER CARD)でのお支払となります。

採寸時に¥40,000、仮合わせ終了時に¥40,000、納品時に残金を申し受けます。

採寸後のキャンセルは、直ちに製作に入りますのでお受けできませんのでご了承ください。

© 2017 shaker . All Rights Reserved.