Search

shaker

健常者も障害者も分け隔てなく誰もがファッションを楽しめる靴を目指して

靴の接着剤

20140210-120427.jpg

現代の靴製作に接着剤は欠かす事が出来ません。
写真は主要な接着剤です。

右の接着剤はゴムのりです。
この接着剤はアッパーを製作する時に使います。
この中では接着力が一番弱いものです。
あえて接着力が弱いものをアッパー製作の際には用います。
接着力が強い接着剤を用いた場合に、ミシンでの縫製時にミシン針に接着剤のカスがこびり付き、目飛びや糸調子の不具合に繋がる事がある為です。
アッパー製作の際の接着剤はあくまでも仮止めという訳です。

真ん中の接着剤は混合ラバーや接着ラバーなどと呼ばれています。
ゴムのりよりも強い接着力があるので、底付けの際に頻繁に使用される接着剤です。

左の接着剤は強力接着剤と呼ばれている靴底接着用の接着剤です。
セメント製法の際に使用します。
特徴はこの中の接着剤の中で唯一の熱可塑性の接着剤ということです。
熱可塑性の接着剤は塗布後に一旦乾燥させてから暖めると非常に強力な接着が出来ます。
ですので底を貼る際に用います。
またゴム用やウレタン用、PVC用、はたまた鉄まで接着が出来る物など、素材別に接着剤の種類があります。

他にも水溶性の接着剤などもあります。
一般的な靴にはこのように多用な接着剤が用いられています。

Comments are closed.

© 2017 shaker . All Rights Reserved.